xmでFXを始めてみる
XM

XMでストップロスを利用するメリットや設定方法を画像付きで解説!

algofix

XMTrading(XM)には、設定した価格に到達すると自動で決済(損切り)をしてくれるストップロスというシステムがあります。

さき
さき

損切りが苦手な私でも、ストップロスできちんと損切りができるようになりますか?

田山
田山

はい。ストップロスは損切りが苦手な方や仕事中にチャートを監視できない方など多くの方に利用されています!

この記事では、XMでストップロス利用するメリットや注意点を、海外FX初心者の方にも分かりやすいように詳しく解説をしています。

また、画像付きでストップロスの設定方法を解説しているので、ストップロスが簡単に設定できるようになります。

XMTradingのストップロスとは?

ストップロスとは、損失がこれ以上増えないように自動で決済をしてくれるシステムの事を指します。

さき
さき

FXで損切りという用語をよく聞きますが、ストップロスの事ですか?

田山
田山

そうです!ストップロスと損切りは同じ意味ありです!

従来の損切りは、手動で損を確定させることが多いですが、XMのストップロスは、自分で設定した価格まで到達した場合、自動で損切りをしてくれます。

XMには、ストップロスと似ているテイクプロフィット(指値)があるので間違えないように注意してください。

テイクプロフィット(指値)

テイクプロフィットとは、ストップロスと反対の注文方法となっており、利益を確定する時に利用する方法です。

  • ストップロス:損を確定する注文方法
  • テイクプロフィット:利益を確定する注文方法

普段聞きなれない用語なので、XMや海外FXを利用しばかりの方は、間違えてしまう事がよくあります。

間違えて注文を出した場合、テイクプロフィットもストップロスも注文が通らないので注意しましょう。

XMTradingでストップロスを設定する手順

XMTで、ストップロスを設定する方法は以下の通りです。

気配値から通貨ペア選択
XM ストップロス設定方法1

MT4/5を開き「気配値」からトレードしたい通貨ペアにカーソルを合わせて右クリックをしてください。

メニューが表示されるので「新規注文」をクリックします。

ストップロスを設定
XM ストップロス設定方法2

オーダー画面が反映したら「数量」を選択して損切りしたい数値を設定してください。

手順画面の場合は、現在の価格よりも高い数値に損切り設定をしているので「成行売り」をしています。

以上が、ストップロスの設定方法です。

現在の価格よりも、低い位置で損切りをしたい場合は「成行買い」注文となります。

XMTradingでストップロスを利用するメリット

XMで、ストップロスを利用するメリットは以下3点です。

XMでストップロスを利用するメリット
  1. 損切りが自動でできるようになる
  2. 常にチャートを見ている必要がない
  3. 急な価格変動に対応できる

XMでは、手動でも決済をすることができますが、ストップロスを利用する事で「損切の自動化」や「チャートを常に見なくても問題ない」などメリットになることが多いです。

XMで、ストップロスを利用するメリットを詳しく解説します。

損切りが自動でできるようになる

XMでは、ストップロスを利用する事で、設定した価格に到達した際に自動でストップロスが発動します。

さき
さき

毎回、損切りができずロスカットされて困っています…。

田山
田山

損切りできない方にも、ストップロスの利用は非常に有効です!

ストップロスは、損切りができない方にも非常におすすめ決済方法です。

海外FXを続けていくには損切りが必須となりますが、経験者の中でも損切りができず困っている方が多くいます。

自身で損切りができない方は、ストップロスを設定して自動的に損切りされる環境を作り上手く立ち回りましょう。

常にチャートを見ている必要がない

XMでは、ストップロスを利用する事で、常にチャートを見ている必要がなくなります。

さき
さき

仕事や家事でチャートを見る時間があまりないので保有ポジションが心配です。

田山
田山

仕事や家事で忙しい方に、ストップロスは特におすすめです!

普段、忙しくてチャートなかなか見れない方は、ストップロスを設定することで、ポジション決済の心配がなくなります。

ストップロスとテイクプロフィットの両方を利用する事で、利益確定と損切りの両方を自動化できるのでうまく活用をしましょう。

急な価格変動に対応できる

ストップロスを設定しておくことで、ニュースや災害などで急変動する値動きが出た場合でも、設定した価格で損切りが発動します。

ストップロスを設定していないことで、急な価格変動が起きてもロスカットを抑えることができる点が大きなメリットです。

しかし、急な価格変動が起きた場合は、ストップロスを設定しても大きなスリッページが発生してしまうので、必ず設定した価格で決済される訳ではないので注意してください。

XMTradingのストップロスに関する注意点

XMの、ストップロスに関する注意点は以下2点です。

  • ストップロスは必ず設定した数値で決済される訳ではない
  • MT4とMT5ではストップロスの表記が異なる

ストップロスに関する注意点を詳しく解説します。

ストップロスは必ず設定した数値で決済される訳ではない

XMのストップロスは、設定した価格で自動的に損切り決済をしてくれる大きなメリットがありますが、必ず設定した価格で決済される訳ではありません。

経済指標や価格が急変動した時は、ストップロスの設定価格に到達しても大きなスリッページが発生してしまいます。

さき
さき

スリッページとはなんですか?

田山
田山

スリッページは価格が滑ることを指します。

また、通常時でも参加者が多い時間帯などは数pips程度のスリッページが起きることもあるので注意してください。

MT4とMT5ではストップロスの表記が異なる

MT4とMT5では、ストップロスの表記が異なるので間違いないように注意してください。

  • MT4:決済逆指値
  • MT5:ストップロス

ストップロスの表記が違っていても、仕様やシステムは同じとなっています。

XMTradingでストップロスの設定ができない原因

XMでストップロスの設定ができない場合は、以下の原因が考えられます。

XMでストップロスが設定できない原因
  • 現在価格以上または以下に設定している
  • 土日など営業時間外に注文を出している

XMでは、間違った方法でストップロスを設定していない限りは、必ず設定が可能です。

ストップロスを、設定できない原因と解決策を解説します。

現在価格以上または以下に設定している

ストップロスを設定して注文を出すときは「買いの場合は現在の価格以下に設定」「売りの場合は現在の価格より高く設定」をしなくてはいけません。

逆に設定をしてしまうと、ポジションを保有できないので注意してください。

海外FX初心者の方によくある間違いなので、注文方法をしっかり覚えましょう。

土日など営業時間外に注文を出している

XMの営業時間外は、ストップロスを設定するができません。

また、XMのメンテナンス時間もストップロスの設定ができないので注意してください。

ストップロスの設定は、チャートが動いている時間に済ませるようにしましょう。

XMTradingのストップロスに関するよくある質問

XMのストップロスに関するよくある質問をご紹介します。

Q
XMのストップロスは全口座タイプ対応ですか?

はい。ストップロスは全口座タイプで利用可能です。

Q
ストップロスはポジション発注時にしか設定できませんか?

ストップロスは、ポジションを発注した後でも設定可能です。

ポジション発注後のストップロス設定手順
  1. 打ターミナルのポジションにカーソルを合わせて右クリック
  2. 注文変更または取り消しをクリック
  3. ストップロスを設定
Q
ストップロスを設定したら解除されることはありませんか?

ストップロスを設定しても、注文が通らなかった場合は解除されます。

急な価格変動などが起きた場合に、ストップロスが解除される可能性があるので設定したストップロス近辺にアラート設定をしておくことがおすすめです。

まとめ|XMTradingのストップロスは便利なので頻繁に利用しよう!

XMのストップロスは、設定をすることで自動決済(損切り)をしてくれす便利なシステムです。

普段忙しくてチャートを監視できない方や、損切りができない方など、多くの方にメリットがあるシステムとなっているので積極的に利用する事がおすすめ。

しかし、急な価格変動が起きた時など、設定した価格で必ず決済されるのでなく多少のズレが生じてしまう場合もある点に注意して利用しましょう。

ABOUT ME
田山
田山
fx歴10年以上。 海外fxの取引を最近は頻繁に行っています。 xmやexnessを愛用中。 バイナリーオプションの取引もしています。 よろしくお願いします。
記事URLをコピーしました